FC2ブログ
十一面観世音菩薩と雨宝童子
長谷寺の続きです。
お早うございます。いつもご訪問ありがとうございます。

今日の画像は十一面観世音菩薩と雨宝童子立像長谷寺です。

十一面観音長谷寺
十一面観世音菩薩 本堂本尊
木造仏で高さは十メートル余の大きな観音様です。
国の重要文化財で、室町時代の造像です。 
長谷寺のご本尊さまは、右手に錫杖、左手に水瓶を持つ長谷寺式十一面観世音菩薩です。
開山徳道上人が造立して以来、度重なる火災により再造を繰り返してきました。
現在の御尊像は、室町時代に大仏師運宗らによって造立されました。像高三丈三尺六寸(10m)。
我が国で最も大きな木造の観音さまで、その堂々としたお姿は全国に広がる長谷信仰の根本仏像です。

雨宝童子立像長谷寺
雨宝童子立像長谷寺 重要文化財 室町時代 本堂
木造で像高は1メートル余あります。
本尊に向かって左脇侍です。
初瀬山を守護する八大童子のひとりです。
また天照大神としても信仰されています。
頭髪を美豆良に結っています。
室町時代に大仏師運宗らによって本尊と共に造立されました。

長谷寺は初瀬にある古刹
初瀬の長い谷にある寺です。
それで初瀬寺が長谷寺と書いてはせでらと読むようになりました。

P1020507.jpg
鐘楼国の重要文化財 

P1020513.jpg
本堂 本堂内部の相の間 この左手が礼堂で、右手が正堂です。

P1020521.jpg
本堂東側から愛染堂を望む。

P1020525.jpg
帰り道 下りの石段 突き当りが開山堂です。

P1020536.jpg
大和七福神八宝大黒堂 

P1020543.jpg
舞台から本堂正面
扁額には「大悲閣」と書いてあります。
大悲とは大きな悲しみではありません。
観音様の大きな慈悲の意味です。





 ポチっと応援よろしくお願いします!



スポンサーサイト



[2013/06/30 06:56] | 古刹 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<追儺鬼面 | ホーム | 西国三十三所第8番札所>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://34383314.blog.fc2.com/tb.php/626-0db2ffe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |