FC2ブログ
梵天と帝釈天
お早うございます。アクセスありがとうございます。

今日の画像は東寺 の講堂の梵天 と帝釈天です。
 東寺講堂には普通は絵画として表現される「曼荼羅(まんだら)」を、より体感できるよう「立体表現」した世界が広がっています。
立体曼荼羅は羯磨曼荼羅とも呼ばれます。

梵天フィルター(1)
 梵天は梵語名ブラフマン、インドの古代神話での 宇宙創造の神です。
四天王・帝釈天とともに 如来・菩薩・明王を守っています。
釈尊は悟りを開き仏陀となりました。
梵天が説法をすすめました。
梵天勧請といいます。梵天勧請によって初めての説法をされました。
それが初転法輪です。仏教の始まりです。

帝釈天(1)
帝釈天は 梵語名インドラです。
古代神話の戦いの神インドラが元となり、 甲冑をまとい象に乗り金剛杵(ヴァジュラ)をとって毒龍と戦い、 阿修羅に勝利し仏門に帰依させました。
一面三目二臂で金剛杵を持ち、白象に乗って半跏踏み下げの姿勢をとっています。



ポチっと応援よろしくお願いします!





スポンサーサイト



[2013/04/10 07:53] | 仏像 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<如意輪観音菩薩坐像 | ホーム | 日光菩薩 月光菩薩 薬師如来>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://34383314.blog.fc2.com/tb.php/545-fba90ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |