FC2ブログ
般若
こんにちは、アクセスありがとうございます。

今日は仏画、仏像の絵です。

般若
般若

なぜ般若というのかな。
子供の頃、般若と言えば般若の面のことと思っていました。
般若とは仏教の智慧のことです。
智慧と知恵とはちょっと意味が違います。
智慧は仏の智慧です。
智慧には怖い般若面のような意味はありません。
なぜ般若面が般若面というようになったのかわかりません。
般若波羅蜜が仏教の悟りの意味です。
般若が智慧、波羅蜜が完成です。
摩訶般若波羅蜜多心経が智慧の完成すなわち悟りの心を表しています。

阿弥陀如来
阿弥陀如来

観音様
観音様





ポチっと応援よろしくお願いします!


スポンサーサイト



[2012/11/23 07:42] | 仏像 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top
<<モアイ | ホーム | 似顔絵>>
コメント
般若ってそういう意味があったのですか。
仏教からきてるというと、はんにゃーはーらーなんたらかんたら、ていうてるやつの、はんにゃがそうなんでしょうねぇ。
般若の面は、なんとなくこわい感じしかありませんが、お坊さんには般若の面は、どういう風に見えてるんでしょうね?
[2012/11/23 09:36] URL | カテンベ #- [ 編集 ] | page top
> 般若ってそういう意味があったのですか。
> 仏教からきてるというと、はんにゃーはーらーなんたらかんたら、ていうてるやつの、はんにゃがそうなんでしょうねぇ。
> 般若の面は、なんとなくこわい感じしかありませんが、お坊さんには般若の面は、どういう風に見えてるんでしょうね?
こんにちは、仏教は奥が深いから何か深い意味があるかもしれませんね。
[2012/11/23 10:53] URL | ひかりこころ #- [ 編集 ] | page top
ひかりこころさんへ こんにちは!
毎日毎日更新されるエネルギーに敬服し感動します。
ご訪問、ご投稿ありがとうございます。 sn
[2012/11/23 13:04] URL | sn #- [ 編集 ] | page top
私も般若と言えば
怖いお面のイメージしかありません。
とってもとっても怖くて凝視できない感じです(@_@;)

お言葉をいただき。ありがとうございました。
嬉しかったです~♪

ぽちっ!
[2012/11/23 15:28] URL | イヴまま♡ #- [ 編集 ] | page top
> 私も般若と言えば
> 怖いお面のイメージしかありません。
> とってもとっても怖くて凝視できない感じです(@_@;)
>
> お言葉をいただき。ありがとうございました。
> 嬉しかったです~♪
>
> ぽちっ!
こんにちは、イヴまま♡さん。どうもありがとう。
[2012/11/23 20:02] URL | ひかりこころ #- [ 編集 ] | page top
 「そうだよな~、はんにゃ~は~ら~みった~、の般若が、何で般若面になるんだろう」とずっと疑問でした。
 般若面って、きれいな女の人の中にある鬼の心だ、とは聞いたことがあるんです。
 で、今気が付いて調べてみたら、何と、「源氏物語」の中に出てくる、六条御息所の生霊(怨霊)を般若経を唱して退治したという話が出てました。
 何となく合点がいきそうでしょう?六条御息所なら美しい女の人(という設定)だったはずですからね。

 能の般若面って本当に怖い顔です。ところが我が家には、般若の顔のついた飾り額があって、そこには「千客万来」って・・・・。う~む、よくわからん!
[2012/11/23 22:15] URL | 再起SR400 #- [ 編集 ] | page top
>  「そうだよな~、はんにゃ~は~ら~みった~、の般若が、何で般若面になるんだろう」とずっと疑問でした。
>  般若面って、きれいな女の人の中にある鬼の心だ、とは聞いたことがあるんです。
>  で、今気が付いて調べてみたら、何と、「源氏物語」の中に出てくる、六条御息所の生霊(怨霊)を般若経を唱して退治したという話が出てました。
>  何となく合点がいきそうでしょう?六条御息所なら美しい女の人(という設定)だったはずですからね。
>
>  能の般若面って本当に怖い顔です。ところが我が家には、般若の顔のついた飾り額があって、そこには「千客万来」って・・・・。う~む、よくわからん!
こんにちは、コメントどうもありがとう。それでわかりました。六条のみやす所の怨霊をこの面であらわしその怨霊を般若経で退散させたのでそうなったのですね。般若面は般若経によって退散させられた怨霊の面ということですね。
[2012/11/24 08:17] URL | ひかりこころ #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://34383314.blog.fc2.com/tb.php/406-92e060e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |